できる人たちのスケジュール管理術

スケジューリングが違う

できるプロフェッショナルな人たちの特徴を調べると、そのスケジュール管理力の高さに驚きます。
経営者など企業トップや個人で優れた成績を出すことができているプロフェッショナルな人たちというのは、普通の会社員に比べてかなり忙しい仕事をしていることが普通です。
にもかかわらず同じ24時間の中で非常に密度の濃い仕事をさばいているところに、一般の人たちとの差があるようです。
時間の使い方が上手い人というのは、トップにかぎらず仕事ができる人として周囲から高い評価を得られているものです。
時間の使い方がうまいということは言い換えるなら、限りある時間に引きずられるのではなく、自分が時間をコントロールできている人であると言えます。
仕事の遅い人やできない人というは何かと「忙しい」「時間がない」「間に合わない」といったような時間に対してネガティブな発言をしやすいものです。
まずはそうした時間の流れに負けがちな精神を、ポジティブな方向に切り替えることが、プロフェッショナルへの第一歩につながるのかもしれません。

手帳の活用術

時間管理の方法としては、まず手帳やスケジュール帳などの使いこなし方をマスターすることが大切です。
手帳管理というと覚えておけばよいだけの話をわざわざ書き込むなんて時間の無駄、というふうに考えがちですが、結果的には記載をしておくことで全体のスケジュールを俯瞰して眺めることができるようになり、空き時間の使い方がうまくなります。
タイムマネージメントをするのは基本的には本人ですが、大企業の場合などでは秘書さんがスケジューリングの業務を担当することがあります。
タイムマネジメントをするためには手帳の他、iPhoneなどのカレンダーツールを利用することもよくあります。
クラウド式の手帳を利用した場合、スケジュール管理をする人と本人とが離れた場所にいても連絡をとりあうことができるところがメリットです。
ですが、大企業の社長さんなどではプラーベート関連の行事などは自分でスケジュールを組むこともよく行われており、やはり時間に対して自主的に動くようにすることが最も大切な手段なようです。

時間にルーズであることは、リーダーにかぎらずかなり致命的なビジネスのマナー違反になります。
時間管理術については先人であるプロの方の方法などを調べて真似をしてみるとよい参考になるようですので、ぜひいろいろと調べてみてください。
ビジネス書の多くでも取り扱われています。